金沢退団ホドルフォの新天地決定!昨年からの練習参加で契約勝ち取る

金沢退団ホドルフォの新天地決定!昨年からの練習参加で契約勝ち取る

  • Football Tribe Japan
  • 更新日:2022/01/15
No image

ツエーゲン金沢のサポーター 写真提供: Gettyimages

明治安田生命J2リーグのツエーゲン金沢は昨年12月、ブラジル人MFホドルフォ(24)の退団を公式発表している。そのホドルフォの新天地が今月14日に決まった。

左サイドを主戦場とするホドルフォは、ブラジル国内の複数クラブをへて2018年12月にCAメトロポリターノからレンタル移籍でモンテディオ山形へ加入。来日1年目はJ2リーグ10試合の出場にとどまり、1シーズン限りでモンテディオ山形を退団。その後、ツエーゲン金沢に加入すると、2020シーズンは25試合に出場して3ゴールをマーク。しかし、2021シーズンはチームがJ2残留争いを演じる中で10試合の出場に終わると、昨年12月6日にレンタル期間満了による退団が正式決定していた。

そんなホドルフォはツエーゲン金沢退団直後に帰国すると、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)のセリエA3(3部相当)に所属するAAインテルナシオナルの練習に先月から参加。AAインテルナシオナルは今月14日になって同選手の獲得を公式発表している。

また、AAインテルナシオナルの最高経営責任者はホドルフォについて「彼のことはCAメトロポリターノでプレーしていたときから知っていた。彼はテクニックやフィジカル面での強さを兼ね備えている。スピードもあり、クロスの質も高い。我々にとって大きな助けとなることは間違いない」とコメントを残している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加