原監督M8足踏みも「もう1本というところでした」

原監督M8足踏みも「もう1本というところでした」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/16
No image

DeNA対巨人 8回裏DeNA2死二塁、大和に右翼線へ適時二塁打を浴びスコアボードを見つめる原監督(撮影・横山健太)

<DeNA2-1巨人>◇16日◇横浜

巨人は1点を追う9回無死三塁のチャンスを生かせず、逆転負けで優勝マジック8で足踏みとなった。

原辰徳監督は「こっちももう1本というところでしたね。1点で勝とうというのは難しいところ。やっぱりもう1点、もう2点。うちもよく2点で抑えたなという感じはある」と言った。

1点リードの8回に大江が同点ソロを浴び、ビエイラが勝ち越しを許した。指揮官は「今日は大江がいい薬になったでしょう。(ビエイラは)非常に昇格人事の中で彼も今やっているのでね。そこを超えてくれないとね」と次回登板に期待した。

▽巨人宮本投手チーフコーチ(今村について)「まだ優勝は決まっていないですけど、今後の(日本)シリーズに向けて、非常に追い風になる。戦力がもう1枚加わったなといったところでしょうね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加