【柔道】女子78キロ超級で素根輝V 残り1分強で仕掛けた体落としで一本勝ち アジア選手権

【柔道】女子78キロ超級で素根輝V 残り1分強で仕掛けた体落としで一本勝ち アジア選手権

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/07
No image

素根輝(2021年7月31日撮影)

<柔道:アジア選手権>◇6日◇3日目◇カザフスタン・ヌルスルタン◇女子78キロ超級

柔道のアジア選手権が6日、ヌルスルタンで3日目を迎え、女子78キロ超級で素根輝(22=パーク24)が優勝した。決勝で中国選手と対戦。残り時間1分強で仕掛けた体落としで一本勝ちした。金メダルを獲得した昨夏の東京五輪以来1年ぶりの実戦復帰を優勝で飾った。この大会は延期になった杭州アジア大会(中国)の代替で開催。同78キロ級の梅木真美、男子90キロ級の村尾三四郎、同100キロ超級の影浦心も優勝した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加