ほぼ明かされることがなかった「試合中に書いているメモの内容」 森保監督に聞いてみた!

ほぼ明かされることがなかった「試合中に書いているメモの内容」 森保監督に聞いてみた!

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/09/23
No image

ことし11月20日に開幕する「FIFA ワールドカップ カタール 2022」。日本代表選手たちの素顔に迫る番組『サッカー日本代表独占インタビュー THE VOICE』(9月21日放送)において、森保一監督が、ワールドカップへかける想いを激白。「森保メモ」について語った。インタビュアーは現役時代共に日本代表で戦った先輩、福田正博氏が務めた。

【映像】明かされることがなかった「森保メモ」の秘密

視聴者に監督への質問を募集する企画を行ったところ、試合中の独自のルーティンである「メモの内容」についての聞きたいという声が最も多く集まった。そこで、これまでほとんど明かされることがなかった「森保メモ」について、先輩ならではの視点で福田氏が切り込むことに。

福田氏が「前半と後半で違うよね?」と、メモに書く内容に変化があることを指摘すると、森保監督は「はい」と認めて「特に前半ですね」と、試合前半のメモが特に重要なのだと明かした。

メモの内容については「たとえば福田さんだと『福田シュートを打った。サイドからの攻撃』とか」と、試合の流れをその事象が起きた時間帯とともにサッと書くという。

「『いまシュートまでいかなかった』『どこが繋がらなかった』とか。守備でやっているときは、それも『サイドからやられた』とか『誰がやられた』とか」といったメモをまとめ、ハーフタイムになるとロッカールームに入る前にコーチとすり合わせの話し合いをするそう。

「(コーチ陣から)ポイントをパパッと言ってもらって、そのメモと一致していることは『これはチームに伝えたほうがいいな』ということで選手に伝える。ポイントは本当に1つ2つ、多くて3つ」と、伝える内容を絞っていることを明かした。

福田氏が「前半のやつはミーティング用ってことだよね。後半は振り返り用?」と問いかけると、森保監督は「振り返り用です」と認めたが「でも後半はあまり書かないです。後半に起きたことは試合終わってから、細かいことは選手たちに伝えないので」と、ハーフタイムの指示にウェイトを置いていると説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加