エヴァートンがFWタウンゼント獲得を発表...決め手はベニテス新監督

エヴァートンがFWタウンゼント獲得を発表...決め手はベニテス新監督

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/07/21
No image

エヴァートンがタウンゼント獲得を発表 [写真]=Tony McArdle/Everton FC via Getty Images

エヴァートンは20日、FWアンドロス・タウンゼントを獲得したと発表した。なお、契約期間は2023年6月末までの2年間となる。

✍️ | @andros_townsend has signed for the Blues on a free transfer, penning a two-year contract. 🔵
— Everton (@Everton)
July 20, 2021
from Twitter

タウンゼントは1991年生まれの30歳。トッテナムの下部組織出身で、イングランドのクラブで修業を積んだ後、2015-16シーズンの途中にニューカッスルに加入。翌シーズンから5年契約をクリスタル・パレスと結び、今シーズン末をもって契約満了となりフリーとなっていた。

エヴァートンは退団しレアル・マドリードの指揮官に就任したカルロ・アンチェロッティ監督の後釜としてラファエル・ベニテス監督を招へい。ニューカッスル時代にベニテス監督とタッグを組んだタウンゼントの獲得を決めた。

同選手は加入に際しクラブメディアのインタビューに応じコメント。ベニテス監督との再会とクラブのプロジェクトが決め手となったと語った。

「エヴァートンがどういったクラブなのかはみんなが知っていると思う。巨大で野心のあるクラブだし、ヨーロッパの舞台という本来いるべき場所に戻らないといけない。クラブを助けるためにはなんだってするよ」

「ラファ(ベニテス監督の愛称)は経験豊富な監督だ。トレーニングでは非常に緻密な戦術家だし、そのためにあらゆる手段を使う。しかしそれ以上に大切なことは彼はよく話しかけてくれる良い男で、良い監督なんだ。ここで大成功を収めると思うよ」

「僕は右足でも左足でもクロスを供給しボックス内に入れることができる。これが強みだ。ゴールを決めることも好きだし、ボールのない時でもハードワークするつもりだ。ラファの下でさらに良くなりたいね。今の僕の仕事は、このサッカークラブで重要な役割を果たせるだけの力があるということを証明すること。練習でも試合でもハードワークし、プレシーズンでの機会を逃さないようにしたい。それが今の僕の原動力だ」

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加