マンC、アトレティコDF獲得に向けて総額118億円の巨額オファーを提示

マンC、アトレティコDF獲得に向けて総額118億円の巨額オファーを提示

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/09/15
No image

【写真:Getty Images】

アトレティコ・マドリードに所属する25歳のウルグアイ代表DFホセ・マリア・ヒメネスを獲得するため、マンチェスター・シティがオファーを提示したようだ。14日にスペイン紙『アス』が報じている。

同紙によると、シティが移籍金8900万ユーロ(約111億6000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億3000万円)で総額9400万ユーロ(約117億8000万円)となる巨額のオファーを提示したという。ただ、ヒメネスには1億2000万ユーロ(約150億円)の契約解除金が設定されており、まだ提示額との差は大きくひらいている。

2013年7月にウルグアイのダヌービオFCからアトレティコへ移籍したホセ・マリア・ヒメネス。加入初年度は公式戦3試合の出場にとどまったものの、その翌年から出場数を増やしている。しかし、怪我に悩まされることが多く、2019/20シーズンは公式戦27試合の出場にとどまっていた。それでもシティはホセ・マリア・ヒメネスを高く評価しており、巨額オファーを提示することに至ったようだ。果たして、シティはホセ・マリア・ヒメネスの獲得に成功するのだろうか。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加