小顔に見せるカギは錯覚!整形なしで輪郭をシュっと見せる5つのテクニック

小顔に見せるカギは錯覚!整形なしで輪郭をシュっと見せる5つのテクニック

  • FRONTROW
  • 更新日:2022/09/23
No image

錯覚を利用して小顔に見せる簡単なコツを、海外のメイクアップアーティストがレクチャー。メイク術からアクセサリーの選び方、ヘアカラーのポイントまで豊富な小ワザをご紹介。(フロントロウ編集部)

錯覚で小顔に見せる簡単な方法

アゴ周りのたるみやもたつきをカバーしてシャープな小顔に近づける方法といえば、整形や美容医療などの美容施術。最近では少ないダウンタイムで取り入れられる施術も増えて取り入れやすくなっているけれど、もっと手軽に小顔に近づけたいという人には、メイクアップアーティストが紹介する錯覚を利用したテクニックがオススメ。

[ 関連記事を読む - コスメ ]

No image

今海外のSNSで注目を集める、錯覚によって小顔やリフトアップをかなえるテクニックは、じつはメイクのプロが長年取り入れてきたものも多い。

そんなプロが知る錯覚テクニックなら、超簡単に真似できてシュッとした小顔に近づけられる。メイクの方法やコスメ選びはもちろん、アクセ選び、ヘアカラーなど、さまざまな方法で小顔に見せるコツをご紹介。

チークはブラウンよりのカラーに

顔全体のイメージや輪郭の印象を大きく左右するのがチーク。このチークで小顔に見せるには、選ぶべきはブラウンに近いカラー。

アシュリー・グラハムやバーバラ・パルヴィンなどのセレブを手掛けるメイクアップアーティストのトビ・ヘニーは、「シェーディング効果も併せ持つブラウン系のチークを使うと、顔をスッキリと引き上げて見せられるのでオススメです」と米Byrdieで説明。チークの入れ方にもコツがあるそうで、頬骨に沿って斜め上に向けて入れてこめかみ付近まで伸ばすようアドバイスした。

アイラインはハネ上げに

一見小顔メイクと無関係にも思えるアイメイクにも、シュッとした輪郭に見せるコツがあり、メイクのプロが勧めるのはハネ上げアイライン。

No image

セレブを手掛けるメイクアップアーティストのカーラ・ラベイロは、「目尻をハネ上げるアイメイクを取り入れると、顔の上部に視線が集まりやすく、引きあがっているような錯覚を与えられます」と説明。目元をぐんと強調できるだけでなく、たるみまでもカモフラージュできるという。

眉はアーチ型がベスト

小顔に見せたいなら、眉毛の形をアーチ型にするのも効果的。カーラは、「眉は顔全体の印象を決めるパーツだからとくに重要。シュッとリフトアップした印象にしたいなら、アーチ眉にしてみてください」とアドバイス。

カーラによると、アーチ眉のほうが角度が上向きなため、平行眉などの他の形よりもフェイスラインがスッキリして見えるのだという。ちなみに眉毛は細すぎると逆効果だそうで、自然な太さのアーチ眉をつくるのがオススメだと明かした。

長めのピアスやイヤリングをチョイス

大ぶりなものを選ぶと小顔に見せてくれるピアスやイヤリングなどのアクセサリーは、より視覚効果を狙いたいのなら、大ぶりかつ縦長のデザインのものがオススメ。

No image

なぜなら耳からぶら下がった長いアクセサリーは、首の長さを強調することで顔の丸みをカモフラージュしてくれるから。この錯覚によって輪郭がスッキリ見えて、小顔に見せられるという。

ヘアカラーでローライトを入れる

シュっとした小顔に見せるには、ヘアカラーを工夫してみるのもひとつの手。カーラは、ヘアカラーでローライトを入れることをオススメ。

そうすることで錯覚によって輪郭がスッキリ見えて、引き締まった印象を与えられるという。ちなみに全体的にハイライトを多めに入れて、顔周りにはローライトを入れるのもオススメだそう。

錯覚で小顔に見えるちょっとしたテクニック。むくみが気になる日にさくっと実践できるものも多いので、ぜひ真似してみて。(フロントロウ編集部)

フロントロウ編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加