清原和博、薬物・アルコール依存の苦悩 ネットではもう一つの苦しみを心配する声も

清原和博、薬物・アルコール依存の苦悩 ネットではもう一つの苦しみを心配する声も

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/04/07
No image

元プロ野球選手の清原和博氏が6日、自身のツイッターを更新。薬物・アルコール依存と闘うつらさを吐露した。

■薬物・アルコール依存「本当に苦しい」

薬物病院に通院したという清原氏は、「先生に毎日の苦しみ、辛さを正直に話した、もうすぐ断酒して3ヶ月、薬物依存はアルコール中毒になりやすい。毎日、薬物、鬱病、アルコールとの戦い。本当に苦しい」と現在の心境を告白。

それでも最後には、「負けへんで」と力強いコメントを残し、薬物・アルコール依存、うつ病と戦い抜くことを改めて表明した。

今日は薬物病院に行った。
先生に毎日の苦しみ、辛さを
正直に話した、もうすぐ断酒して3カ月、薬物依存はアルコール中毒になりやすい。毎日、薬物、鬱病、アルコールとの戦い!本当に苦しい…
でも
負けへんで‼️ pic.twitter.com/0izh8EePMj
— 清原和博 (@kiyohara3_5_114)
April 6, 2021
from Twitter

関連記事:9キロ減の清原和博、筋トレ休息に恐怖 「休みたいけど怖くて」

■ダイエットについて気にする声も…

清原氏のツイートに対してファンからは、「待ってるぜ。負けんな」「本当に応援しています」「着実に一歩ずつ進めていますね」など熱いコメントが続出。

さらには、「ダイエットもされていて大変ですが、無理なさらず」といった、清原氏のYouTubeチャンネル「清ちゃんスポーツ」の視聴者と思われるユーザーからのコメントも目立った。

■すべてに打ち勝った清原氏を待ち望む

今年に入ってからからダイエットに取り組んでいる清原氏。毎日200球に及ぶバッティングと筋トレを実施した結果、1カ月で約9kg減の128kgまで体重を落とすことに成功した。しかし、ダイエット開始2カ月目の体重は、3.4kg減の126.4kgと大きな減量はできず。

その理由として、タトゥーの除去による運動不足と、わらび餅をほぼ毎日食べていることがあげられるという。そのことからネットでは、「辛いでしょうけど、わらび餅にも負けないでください」との声もみられる。

薬物・アルコールに加えてダイエット。すべてに打ち勝った清原氏の姿を待ち望むファンは多いのではないだろうか。

・合わせて読みたい→ゆきぽよ、2ヶ月間自分と向き合ってきた? 生まれ変わった美ボディも話題

(文/しらべぇ編集部・小野田裕太

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加