アディダスvsプーマ。創業者は兄弟だと知っていた?/六川亨の日本サッカー見聞録

アディダスvsプーマ。創業者は兄弟だと知っていた?/六川亨の日本サッカー見聞録

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2022/05/14
No image

サッカーファンはもちろんのこと、一般ユーザーも「アディダス」と「プーマ」と聞けば、シューズメーカーだということは知っているだろう。近年はアメリカの「ナイキ」に売上高1位の座を譲っているが、ドイツ(西ドイツ)が生んだ一大ブランドだ。

【動画】【紹介PV】ボブ・マーリーにインスパイアされたアヤックスの新ユニフォーム

そんな2大メーカーの創業者が兄弟だったということを、知らないサッカーファンも増えてきているのではないだろうか。

映画「アディダスvsプーマ-運命を分けた兄弟-(2015年製作)」は2人のサクセスストーリーであると同時に、兄弟の確執を描いた映画でもある(ヨコハマ・フットボール映画際で上映。6月5日は15時30分/かなっくホール・音楽ルーム。6月9日は19時/シネマ・ジャック&ベティ)。

時はいまから約100年前の1920年、ニュルンベルク近郊で、靴職人のアドルフ・ダスラー(弟)を、口は達者だが会社を首になったルドルフ・ダスラー(兄)が営業を担当することで靴の製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立した。

まずは工場の設備を整えるため銀行に融資を頼みに行くが、銀行マンはアドルフのサッカーシューズは革が柔らかくてすぐに壊れると指摘。「つま先は硬く、足首までカバーするのがサッカーシューズ」と融資を断った。そこで2人は陸上のスパイク作りに方針を転換。軽くてグリップ力のある陸上シューズは売れ行きも好調で、ドイツ代表の陸上部の監督のお墨付きを獲得することにも成功した。

しかし時代はナチスの台頭によりアドフル・ヒトラーが首相に指名されるなど、激動の時代を迎えつつある。職人であるアディは1936年のベルリン五輪に出場するアメリカ代表のジェシー・オーエンスの才能に着目し、自身の作ったシューズを提供。するとオーエンスは100メートル、200メートルに走り幅跳びなど4個の金メダルを獲得した。

ところが黒人に負けたことで陸上部の監督は首になり、兄弟は後ろ盾を失ってしまう。そしてナチス・ドイツはポーランドが侵攻したと口実を作って攻め込むことで第二次世界大戦が勃発した。職人であるアディは徴兵を免れたものの、兄ルディは戦地へと送られる。さらにシューズ工場ではバズーカ砲を製作するよう命じられた。

第二次世界大戦が終わり、ルディは無事戦地から帰国したが、自分だけ戦地に送られたことに不満を持ち、進駐軍のMPに「弟はナチスの協力者だ」と密告する。バズーカ砲などの物的証拠があるためアディは窮地に立たされるが、それを救ったのが妻の機転で、オーエンスと一緒に撮った写真だった。

もう兄弟の仲は修復不可能。お互いにシューズ工場を作ることになり、社員にもそのことを伝えると、アディの元には靴職人が多く残り、ルディには営業担当が着いていった。ルディの作った「プーマ社」は、当時は現在のような流線型のラインではなく、プーマには「道楽者」というあだ名もあったと映画では紹介されている。そしてアディは自身の名前を短縮して「アディダス」という社名に変更した。

当時の西ドイツにまだプロのチームはなく、多くのチームがプーマ社のシューズを履いていたそうだ。そこはやはり兄の営業力がモノをいったのかもしれない。プーマ社の幅広の白いラインのシューズを見ていたアディは、白色のペンキを塗っている最中だったゴールポストに人差し指と中指と薬指の3本で触り、それを自分の作ったシューズの内側と外側になぞるようにして3本の白ラインを入れた。

アディダスの「スリーストライプ」が誕生した瞬間だった。

第二次世界大戦が終わり、ワールドカップは1934年フランス大会以来12年ぶりに再開されることになった。1950年ブラジル大会である。本来ならドイツで開催されるはずだったが、戦争責任を問われて資格停止だったためブラジルで開催されることが決定。東西両ドイツとも出場資格はなかった。

そして1954年スイスW杯である。売れ行きが好調なルディの「プーマ」は、西ドイツ代表監督のゼップ・ヘルベルガーから、選手へのサッカーシューズの無償提供と、月1000マルク(現在の日本円で約7万円だが、当時との物価差は現在と比較できないだろう)の資金援助を申し込まれたが、これを拒否。仕方なくヘルベルガー監督はアディに頼んだところ快諾されたことで西ドイツ代表は3本線のシューズでW杯を戦うことになった。これはいまも変わらない伝統である。

ルディがヘルベルガー監督の申し出を断ったのは、金銭的な負担よりも西ドイツが勝つ見込みは少ないという判断を優先したからだろう。1938年のフランス大会も1回戦でスイスに負けているし、50年ブラジル大会は出場できていない。このため54年スイス大会でも上位進出は難しいと判断してもやむを得なかった。

こうして迎えたスイス大会、西ドイツは1次リーグで当時無敵を誇った「マジック・マジャール」ことハンガリーにリザーブ選手を起用して3-8と大敗する。決勝トーナメントで前回優勝のウルグアイや準優勝のブラジルを避けるためだとも言われた。

そしてハンガリーとの決勝戦、試合開始直前に降り出した雨に、用具係を担当していたアディは急きょシューズの取り替え式ポイントを雨用の長いスタッドに変更する。スタンドには兄ルディの姿もあった。

そして試合後、ロッカールームに戻ると試合のチケットが置かれていて、そこには一言、ルディからアディへのメッセージが残されていた。

正直、サッカーシーンはほとんどない映画である。なので、それを期待したら失望するかもしれない。それでも2人の兄弟愛と、サッカー界はもちろんのこと、スポーツ界にも多大な影響を残したダスラー兄弟の葛藤と兄弟愛を感じられる映画だった。

彼らの息子、特にアディの息子ホルストは父の仕事を引き継ぎ、FIFA(国際サッカー連盟)やIOC(国際オリンピック委員会)などで絶対的な影響力を発揮し、“蜜月時代"の礎を築いた。彼らの映画も、いつかは作られるかもしれない。

【文・六川亨】

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
スマホやFire TV、PCやタブレットで楽しみ方いろいろ!
>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加