阪神・近本、自己最多14度目猛打賞!今季58度目マルチ

阪神・近本、自己最多14度目猛打賞!今季58度目マルチ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/10/14
No image

八回、左前打を放つ近本。自己最多14度目の猛打賞だ(撮影・桐原正道)

(セ・リーグ、巨人2―2阪神、24回戦、阪神12勝9敗3分け、13日、東京D)またも3度の快音を響かせた。阪神・近本が2日連続の猛打賞で存在感を見せつけた。

「(菅野は)良い投手ということに変わりはないので、追い込まれる前に仕留めていきたいという気持ちです」

一回2死で菅野から中前打。三回1死の次の打席でも中前打。巨人のエースから2安打を放って、今季対戦打率・500(10打数5安打)とキラーぶりを発揮。今季58度目の複数安打を記録した。

八回先頭では中川から左前打で、2019、20年を上回る自己最多の14度目の猛打賞。今季2度目の3番での出場も「自分のできることは塁に出ることなので特に意識の変化はありません」とキッパリ。「とにかく目の前の試合を勝つためにできることをやっていくしかない」。逆転優勝を信じ、目の前の敵を倒していく。(菊地峻太朗)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加