オリックス6回2死T岡田タイムリーで再び同点! 取られたら取り返す

オリックス6回2死T岡田タイムリーで再び同点! 取られたら取り返す

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/25
No image

ヤクルト対オリックス 6回表オリックス2死一、二塁、T-岡田は右前適時打を放つ(撮影・足立雅史)

<SMBC日本シリーズ2021:ヤクルト5-6オリックス>◇第5戦◇25日◇東京ドーム

取られたら取り返す! オリックスがヤクルトに2度追い付いた。

1-2の6回2死から敵失と杉本の安打で2死一、二塁。T-岡田外野手(33)は代わったばかりの左腕・田口麗斗投手(26)のカウント1-1から真ん中低めの速球を引っ張り、痛烈なゴロで一、二塁間を破った。二塁走者が生還し、再び同点に。

2試合連続で5番に入ったT-岡田は「(吉田)正尚がよく本塁に走ってくれましたし、気持ちで打ちました。何が何でも勝って神戸に帰れるように頑張ります」とコメント。負ければ終戦となる大一番で価値ある一打を放った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加