マドンナ、報じられていた伝記映画の製作が中止されることが明らかに

マドンナ、報じられていた伝記映画の製作が中止されることが明らかに

  • NME Japan
  • 更新日:2023/01/25
No image

Photo: GETTY

マドンナは『オザークへようこそ』への出演で知られるジュリア・ガーナー主演による伝記映画の製作が中止されることが明らかになっている。

2020年に製作が発表された本作はマドンナが監督を務め、『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したディアブロ・コーディと共に共同脚本も担当している。プロデューサーには『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』や『ゴーストバスターズ』を手掛けたエイミー・パスカルが務める予定となっていた。

昨年夏、ジュリア・ガーナーは十数人の候補から主演の「本命に浮上した」と報じられていた。

今回、『ヴァラエティ』誌によれば、マドンナが7月から40周年を記念した「セレブレイション・ツアー」を始めることが理由で、映画はユニバーサル・ピクチャーズで製作されないと複数の情報筋が語っているという。

マドンナは将来的に映画を製作する意志を依然として持っているものの、このプロジェクトは一旦無期限で休止されると報じられている。

昨年、マドンナは映画の製作にあたって自分で実務を担うことにした理由について語っている。

「私は桁外れの人生を送ってきた。だから、桁外れの映画を作らなければならない。そして、この映画は先制攻撃でもある。というのも、多くの人が私に関する映画を作ろうとしていたから。そのほとんどは女性蔑視的な男だった。だから、最初の一歩を踏み出すことにした。『私以外、私の物語を語ることはできない』と言ったの」

当時、映画製作の進捗についてマドンナは次のように続けている。「すごく長い脚本があって、それを短くするのは大変だった。削っていくことをしたんだけど、まるで手足を切り落とされるかのようだった」

マドンナは40周年を記念した「セレブレイション・ツアー」のロンドン公演について「圧倒的な需要」のために4公演目となる追加公演が発表されている。ロンドン公演は20000人収容のO2アリーナで行われ、プロモーターのライヴ・ネイションは4公演目が最後の追加公演となることを発表している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加