バレンタインに“コーヒーマリアージュ”はいかが? コーヒーとカカオを果実のように味わう限定セット

バレンタインに“コーヒーマリアージュ”はいかが? コーヒーとカカオを果実のように味わう限定セット

  • OVO
  • 更新日:2021/01/13
No image

コーヒーとチョコレートは、日々目にする商品の中でも「フェアトレード」や「トレーサビリティ」に配慮したブランドが多いカテゴリーだろう。UCC上島珈琲(神戸市)は、チョコレート専門店「Minimal -Bean to Bar Chocolate-(ミニマル)」のスペシャリティチョコと、カプセル式ドリップコーヒーシステム「ドリップポッド」の限定コーヒーをマリアージュさせたバレンタインセット(税込み3,780円)の予約販売を期間限定で実施している。

No image

ドリップポッドは、豆の選定から加工・コーヒーの抽出に至るまで、すべての工程を管理しているのが特徴のUCC上島珈琲のブランド。Minimalも、カカオ豆の選別・仕入れ・加工・製造・販売のすべてにおいて、責任を持ってチョコレート作りを行っている専門店だ。香料などの添加物は使わず、カカオ豆と砂糖という必要最低限の材料で、その時収穫された豆に適した製造スタイルを採用している。

限定セットに含まれるのは、「ホンジュラス エルプエンテ農園」のカプセル2箱(1箱12個入り)・「ブラジル&ホンジュラス Ramo de rosas」のカプセル1箱と、Minimalのチョコ「'Arhuaco(アルアコ)」、「FRUITY」、「CLASSIC」が1枚ずつ。エルプエンテ農園のコーヒーは、ストロベリージャムを思わせる濃縮された果実のような甘みがあるのが特徴。そしてRamo de rosasは、ローストナッツのような甘味とフルーティーな酸味があるコーヒー。合わせるチョコによって変化するコーヒーの風味を味わえるのがこの限定セットの醍醐味だ。予約受付は1月24日(日)まで。2月1日(月)から順次発送する。ドリップポッドの専用マシン付きは同14,300円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加