アメカジの代表アウターが実はこの秋、超使える!?

アメカジの代表アウターが実はこの秋、超使える!?

  • LEON レオン オフィシャルWebサイト
  • 更新日:2021/10/14

実は以前からあるといえばあったんですけどね

無骨な古き良きアメカジ再燃を受けて、王道のアイテムが続々とトレンドアイテムに再昇格している昨今。2年ほど前から頭角を現していましたが、いよいよ本命となりました。それが、バッファローチェックのアウターです。ハンターがお互いを誤射しないために、視認性の高い赤×黒の大柄ブロックチェックを採用したのがそのはじまり。無骨系アメカジアウターの象徴といっても良いアイテムです。

今回オススメするのはスーツやジャケパンとのマッチング。「いや、さすがに無理があるでしょ」と思った方、いえいえ、結構昔からあったといえばありました。英国カントリースタイルでは、スーツにバブアーを合わせたりもしてますしね。今回は、そのアメリカンカントリー版ってコトです。

とはいえ、バブアーの無地ワックスコットンと比べると、確かにギャップが目立ちます。でも、時代はミックススタイルがスタンダード。ビジネスにおいても自由度が高まった今、アメカジトレンドを大胆に取り入れるのもアリあなんです!

◆ フィルソン

ご覧ください! 結構自然となじむでしょ?

No image

▲ シャツブルゾン5万7200円/フィルソン(フィルソン トーキョーストア)、スーツ16万5000円、ネクタイ1万9800円/ともにラルディーニ(トヨダトレーディングプレスルーム)、シャツ3万3000円/ソンリーサ、ローファー4万2900円/フェランテ(すべてエスディーアイ)

無骨なバファローチェックのアウターといえば、やっぱりマッキノークルーザーは筆頭でしょう。厚手でヘビーな24オンスのマッキノーウールは、ズシッと肩に感じる重厚感が魅力。そんな一着がビジネス定番のネイビースーツに合うのかといえば……。

ご覧のとおり意外に違和感ないんです。色自体の相性が良いのはもちろん、こんなカジュアルなアウターを合わせることが珍しくなくなった時代の賜物でもあります。とはいえ、白シャツにソリッドタイではさすがにミスマッチ。シャツはダンガリー、タイも光沢ではなくマット系を合わせて、さり気にアメカジな世界観とリンクさせましょう。

◆ トミー ジーンズ

見た目ずっしりでも、意外に軽いんです

No image

▲ 1万9800円/トミー ジーンズ(トミー ヒルフィガー カスタマーサービス)

その名もシェルパシャケット。確かにポリエステルによるフリース生地は、シェルパの人が着ていそうな暖かさを与えてくれます。両胸ポケットをデザインした一応ジャケット顔ではありますが、オーバーシャツをイメージしているとあって重さはなく、軽やかな着心地を楽しめます。

◆ ロンハーマン

ちょっと渋めを狙うなら、こんなパターンも

No image

▲ 5万600円/ロンハーマン

コチラは、正確にはオンブレチェックですが、バッファローチェックと同じく無骨なアメカジにおける定番柄です。キルティングライナーによって保温性を確保したシャツジャケットで、フランネル地とともに見た目には男らしいですが、いざ着ると重さはなくサラッと羽織れます。

◆ バグッタ

いっそここまでカントリーな一着もアリです

No image

▲ 8万2500円/バグッタ(トレメッツォ)

ウールにナイロンとポリエステルをブレンドしたメルトンは、一見するとヘビーなようで意外に軽やかです。コチラも正確にはタータンチェックですが、その配色とビッグポケット、そして何よりフリンジデザインが、バッファローチェックに劣らない無骨な押し出しの強い一着だと誇示します。

※掲載商品はすべて税込み価格です

■ お問い合わせ

フィルソン トーキョーストア03-6416-0768エスディーアイ03-6721-1070

トミー ヒルフィガー カスタマーサービス0120-266-484

トヨダトレーディング プレスルーム03-5350-5567

トレメッツォ03-5464-1158

ロンハーマン0120-008-752

欲しいアイテムがきっとみつかる「買えるLEON」へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加