コロナ禍の日々を変わらぬ眼差しで捉え続けた ハービー・山口フォトエッセイ『HOPE 2020- 変わらない日常と明日への言葉』

コロナ禍の日々を変わらぬ眼差しで捉え続けた ハービー・山口フォトエッセイ『HOPE 2020- 変わらない日常と明日への言葉』

  • CAPA CAMERA WEB
  • 更新日:2021/10/14

ハービー・山口さんのフォトエッセイ集『HOPE 2020- 変わらない日常と明日への言葉』が発売された。

No image

日本のみならず世界中がコロナ禍に翻弄された2020年。スナップの名手、ハービー・山口さんは、生活様式が一変した日々においてもなお、それまでと変わらぬ眼差しでシャッターを切り続けた。

本書は、今を生きる人々を写真と言葉で記録したフォトエッセイ集だ。諧調豊かなモノクロ写真が、この時代を浮き彫りにしている。「明日もまた、未来に向かって生きてみよう」。そんな力を与えてくれる1冊。

ハービー・山口『HOPE 2020- 変わらない日常と明日への言葉』

A5判・192ページ1,980円(税込)2021年9月2日発売KADOKAWA

〈文〉鬼沢幸江

CAPA編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加