ヤクルト松本友プロ初打点「何とか結果を出したかった」先発奥川を援護

ヤクルト松本友プロ初打点「何とか結果を出したかった」先発奥川を援護

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/08
No image

ヤクルト対広島 3回裏ヤクルト2死一、三塁、左前適時打を放つ松本友(撮影・垰建太)

<ヤクルト-広島>◇8日◇神宮

ヤクルト松本友内野手(26)が、プロ初打点をマークした。

5-5で迎えた3回2死一、三塁で、低めのチェンジアップを左前へ運ぶ適時打。「チャンスを頂いているので、何とか結果を出したかった。タイムリーが出てホッとしています」とコメントした。

明学大からBC・福井を経て、18年育成2位でヤクルトに入団。昨季7月に支配下登録を勝ち取った。3年目の苦労人が、先発奥川を援護した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加