照ノ富士「先場所負けた」正代を土俵下に吹っ飛ばす

照ノ富士「先場所負けた」正代を土俵下に吹っ飛ばす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/16
No image

正代(左)を激しく攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲秋場所>◇4日目◇16日◇東京・両国国技館

2場所連続優勝を狙う東前頭筆頭照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が、先場所敗れた関脇正代にリベンジを果たした。立ち合いで左上手は取れなかったが、まわしにこだわらずに突いて出た。最後は右をのぞかせ、土俵下に吹っ飛ばした。

先場所は14日目、勝てば優勝が決まる一番で圧力負けを喫した。「先場所負けているのでしっかりと自分のかたちになってやろうと思っていた。リベンジというより今日の一番に集中した」。

2勝2敗と星を五分に戻した大関経験者は、5日目の大栄翔戦で関脇以上との対戦を終える。「精いっぱいやるだけなので。明日から1日一番できることをやるだけ」と冷静に話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加