サッカー日本代表「選手査定」2021年10月ワールドカップ最終予選「サウジアラビア代表&オーストラリア代表」戦(1)冨安健洋や吉田麻也や長友佑都、DF陣の評価は?【図表】

サッカー日本代表「選手査定」2021年10月ワールドカップ最終予選「サウジアラビア代表&オーストラリア代表」戦(1)冨安健洋や吉田麻也や長友佑都、DF陣の評価は?【図表】

  • サッカー批評Web
  • 更新日:2021/10/15
No image

冨安健洋 撮影/渡辺浩樹(SONYα9Ⅱ使用)

10月8日と同12日にFIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選グループB第3節と第4節が行われた。日本代表は第3節のサウジアラビア代表戦で0−1の敗戦、第4節のオーストラリア代表戦は2−1の勝利を収め1勝1敗で10月シリーズを終えた。この2試合で評価を上げた選手、そうでなかった選手がいる。10月シリーズに出場した選手を5段階で評価した。※(1)はGK〜DF、(2)はMF〜FW・監督

関連:まさかの居残りラン!サッカー日本代表・板倉滉ら「控え4選手」が試合後に見せた「埼スタ猛ダッシュ」

■2試合にフル出場した守護神の評価は?

サウジアラビア戦とオーストラリア戦のゴールマウスを守ったのは権田修一だ。2試合を通して安定したプレーを見せ、A評価となった。敗北したサウジアラビア戦では柴崎岳がミスしたバックパスを奪われ、最後は股間を抜かれて、ゴールネット揺らされたが、あのゴールに関しては権田の責任ではない。また、オーストラリア戦での失点は、直接FKを決めたアルディン・フルスティッチを褒めるべきだろう。同じくオーストラリア戦で、ポストに当たったアダム・タガートのあわやのシュートシーンでは権田はボールに触れていて、軌道をズラしている。権田が見事なセービングで日本を救った。

No image

オーストラリア戦で活躍した権田修一 撮影/渡辺浩樹 (SONYα9Ⅱ使用)

■CB2人は圧倒的存在感

吉田麻也冨安健洋は圧倒的な存在感を発揮した。結果的に2失点を喫したものの、安定したプレーをみせ、大崩れはしなかった。特に吉田は主将として日本を牽引。サウジアラビアに敗れはしたものの最少失点。チームをうまくまとめ、オーストラリア戦でも1失点に抑えて見事勝利に貢献し、A評価となった。

冨安はアーセナルでは右サイドバックでプレーしているが、A代表では左CB。それでも、難なく自分の役割をまっとうしている。プレミアリーグの世界的な名門・アーセナルへプレーの場を移し、そこまで月日が経っていないが、対人はさらにレベルアップしたと言える。吉田とともにA評価となった。

No image

ボールを競り合う吉田麻也 撮影:原悦生(SONY α9Ⅱ使用)

■JリーガーSBの評価は?

長友佑都は左サイドバック、酒井宏樹は右サイドバックでそれぞれ2試合にスタメン出場。長友は両試合とも終盤に中山雄太と交代した。35歳の長友は、さすがに全盛期のようなプレーを見せたとは言えないが、攻守で貢献。オーストラリア戦では身長で勝る相手に持ち前の走力と自慢のフィジカルを見せた。また、この試合では鋭いクロスを送るなど左サイドの攻撃を活性化。中間のB評価となった。

No image

長友佑都 撮影:原悦生(SONY α9Ⅱ使用)

右サイドバックの酒井も存在感を発揮。オーストラリア戦では攻撃参加する機会が少なかったが、4バックの一角として守備面でも日本に貢献。今回は室屋成橋岡大樹も選出されていたが、現時点では日本の右サイドバックはこの男しかいない。酒井はもう31歳、長友は35歳。早く次のサイドバック候補を決めたいところだ。

なお、左サイドバックで途中出場した中山は出場時間が短かったため、評価なしとなった。

いま一番読まれている記事を読む

サッカー批評編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加