Jリーグ、来季から「背番号」&「名前」フォント統一 オリジナル書体採用で“プレミア仕様”

Jリーグ、来季から「背番号」&「名前」フォント統一 オリジナル書体採用で“プレミア仕様”

  • Football ZONE web
  • 更新日:2020/09/15
No image

オリジナルフォント「J.LEAGUE KICK(Jリーグキック)」を採用【画像提供:J.LEAGUE】

Jリーグは全クラブでオリジナルフォント「J.LEAGUE KICK(Jリーグキック)」を採用

Jリーグは15日、来季からJリーグ主催の公式試合において選手が着用するユニフォームに表示する「背番号」および「選手名」の書体デザインを全クラブで統一することを発表した。来季から、ユニバーサルデザインを取り入れてオリジナルフォントを使用した「Jリーグオフィシャルネーム&ナンバー」として導入することが決まった。

書体は、北欧で最大級のブランディングエージェンシーであるKontrapunkt(コントラプンクト)社が視認性に配慮したユニバーサルデザインを取り入れた「J.LEAGUE KICK(Jリーグキック)」を採用。プレミアリーグではすでに全クラブで背番号と選手名の書体を統一しており、村井満チェアマンは「そのフォントを見れば、プレミアリーグということも分かることになる」とブランディングの面でも大きな役割を担うと期待をしている。

今回のデザインは、使用するネーム&ナンバーとユニフォームとのカラーコントラストにも一定の基準を設けており、5色のカラーを採用。赤、青、黒、黄、白、から各クラブがそれぞれのユニフォームとの兼ね合いで希望を出し、決定していくという。

村井チェアマンは、これまでの問題点において「DAZN」の配信をきっかけにスマートフォンでの視聴者が増加したことで「小さくなり見づらい部分があった」と指摘。背番号は選手を認識するための大事な「マーク」であることから、「誰もがより選手を判別しやすい観戦・視聴環境づくりを推進していくことを目的としています。また、選手を覚えていただくきっかけの一つでもある背番号を通じた、選手への興味・関心の拡大にもつなげていきたい」と説明した。

来季からは新たなデザインの背番号で「Jリーグ」を世界へ発信することとなるだろう。
(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加