阪神が1点遠くヤクルトに敗戦...好機作るもあと1本出ず

阪神が1点遠くヤクルトに敗戦...好機作るもあと1本出ず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/09/15
No image

ヤクルト対阪神 8回表阪神2死満塁、空振り三振に倒れベンチへ戻るサンズ(右)。左は矢野監督(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト1-0阪神>◇15日◇神宮

阪神が接戦での勝利を逃し敗戦。2位ヤクルトに2・5ゲーム差に迫られた。

阪神伊藤将司(25)が先発。初回2死三塁で、4番村上宗隆内野手(21)に左前適時打を浴び、先制点を許した。2回以降は立ち直った。5回1死二、三塁のピンチでは、相手のスクイズを許さず、併殺で追加点を許さなかった。伊藤将は粘りの投球で6回5安打1失点の好投を見せ、2番手小川一平投手(24)、3番手岩崎優投手(30)も1回無失点で切り抜けた。

しかし、打線が投手陣に応えることができなかった。ヤクルト先発小川泰弘投手(31)から7回2/3まで得点を奪えなかった。8回には2死満塁と好機をつくるもあと1本が出ず、ホームベースを踏むことができなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加