「挑発やめるべき」NATO首脳会議を前に中国がけん制

「挑発やめるべき」NATO首脳会議を前に中国がけん制

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

NATO=北大西洋条約機構の首脳会議が来週行われるのを前に、中国外務省は「中国に関する偽情報と挑発的な発言をやめるべきだ」と牽制(けんせい)しました。

中国外務省は23日の会見でNATOについて「冷戦の産物だ」としたうえで「アメリカの覇権主義がヨーロッパの安全保障をコントロールする道具だ」と、独自の主張を展開しました。

さらに、中国への懸念を深めるNATOに対し「アジア太平洋で武力を誇示しようとしている」と警戒感を示し「中国に関する偽情報と挑発的な発言をやめるべきだ」と批判しました。

NATO首脳会議は29日と30日にスペイン・マドリードで開催され岸田総理大臣も出席を表明しています。

海自練習艦「かしま」ロンドンに寄港 NATOと共同訓練

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加