ドジャース連勝、3勝3敗に持ち込み逆王手 シーガー6戦5発、ビューラー快投

ドジャース連勝、3勝3敗に持ち込み逆王手 シーガー6戦5発、ビューラー快投

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/10/18
No image

初回、先制ソロを右翼席へ運ぶドジャースの2番・シーガー

【ナ・リーグ優勝決定シリーズ第6戦】
○ ドジャース 3 - 1 ブレーブス ●
<現地時間10月17日 グローブ・ライフ・フィールド>

ドジャース(西地区優勝)とブレーブス(東地区優勝)によるナ・リーグ優勝決定シリーズ第6戦が17日(日本時間18日)に行われ、接戦を制し2連勝としたドジャースが対戦成績を3勝3敗の五分に戻した。ブレーブスは王手をかけたあと2連敗。決着は最終第7戦にもつれ込むことになった。

ドジャースは初回、2番・シーガーが同シリーズ5発目となる右越えソロを放ち先制。続くターナーも2者連発となる中越えソロを放ち2点目を加えた。その後もチャンスを作り、6番・ベリンジャーの右前適時を放ち3点目。ブレーブスのエース左腕・フリードに先制パンチを浴びせた。

2回以降は得点を奪えなかったが、この日は投手陣が奮闘。先発のビューラーは3点リードの2回、無死満塁の大ピンチを背負ったが、7番・ライリー、8番・マーケーキスを連続三振に仕留めるなど無失点で切り抜けた。ビューラーは6回7安打無失点の快投で今季のポストシーズン初勝利。5回は右翼・ベッツがフェンス際の大飛球をジャンプ一番で好捕するなどバックも右腕を盛り立てた。

7回に2番手・トライネンが1点を失ったが、8回はバエス、9回はジャンセンが完璧救援リレー。ジャンセンは今ポストシーズン2セーブ目を記録した。

ブレーブスは打線が振るわず2連敗。先発のフリードは2回以降は立ち直ったものの、7回途中3失点でレギュラーシーズンも含め今季初黒星を喫した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加