阪神・矢野監督、代打同点打の陽川に「チームにとっても大きかった」大山には厳しい言葉

阪神・矢野監督、代打同点打の陽川に「チームにとっても大きかった」大山には厳しい言葉

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

6回、同点タイムリー二塁打を放ちベンチに向かってガッツポーズする阪神・陽川尚将=神宮(撮影・飯室逸平)

「ヤクルト5-11阪神」(4日、神宮球場)

中盤までの接戦は、終わって見れば大勝。阪神が今季初の毎回安打となる15安打11点を奪って4連勝を飾った。ヤクルト戦は1970年以来51年ぶりとなる開幕6連勝。貯金は今季最多の13となった。

五回は先頭の西浦の今季1号ソロを浴びて同点とされ、続く1死二塁の場面で、中村の三遊間へのゴロを捕球した大山が三塁ベースカバーに入った中野に悪送球。二走・田口の生還を許し勝ち越し点を献上。さらに1点を失い、2点のビハインドとなった。

悪い流れを救ったのは陽川。六回、2死から梅野の四球をきっかけに一、二塁とした場面で西勇の代打で登場。左中間を破る同点2点適時二塁打を放った。さらに、七回、マルテが左翼席へ勝ち越しの7号ソロを放った。

矢野監督は陽川を高評価。「ツーアウトでちょっとほっとしたところで、リュウ(梅野)の四球から同点に追いつけたというのは、向こうの対するダメージというのもあったしね。(陽川は)この前にスタメンしたときに良くなかったんでね。きょうはいいところで打ったというところで、陽川自身も乗っていける1本になったしね。チームにとっても大きかったしね。2アウトから攻撃していくというのは、これからもタイガースの野球としていきたいなと思います」と振り返った。

大山は九回、1死二塁から失策を取り返す適時三塁打。それでも矢野監督は「ちょっと前半はね、悠輔がかえさなあかんところでかえせなかったり、守備のミスもあったし。乗っていけない流れになってしまってたんで」と手厳しい言葉。「ぜいたくというか、やっぱりその前の打席でかえすというのが4番だと思うんでね。ぜひぜひ、最後に1本打つというのは価値あるけど、もっともっといいバッター、チームの4番ってなってもらうためには前半のあのチャンスでやっぱりかえす、というのが求められてくると思うけど」と主砲に対しては高い理想を求めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加