巨人・原監督がプロ初勝利の井上温大へ 「その躍動感のある投球はあと10年、15年、20年、忘れないでほしい」

巨人・原監督がプロ初勝利の井上温大へ 「その躍動感のある投球はあと10年、15年、20年、忘れないでほしい」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/23
No image

原辰徳監督と初勝利の井上温大(撮影・中島信生)

(セ・リーグ、中日3―9巨人、23回戦、巨人13勝10敗、23日、バンテリンD)巨人の3年目左腕、井上温大投手(21)が、6回7安打3失点で7戦目(先発は4度目)にして待望のプロ初勝利をつかんだ。

群馬・前橋商高からドラフト4位で2020年に入団。今季デビューを果たした21歳左腕だ。過去3度の先発では、いずれも五回持たずに降板していた。原監督は「その躍動感のある投球はあと10年、15年、20年、忘れないでほしい」と祝福の言葉を贈った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加