成田凌、初の朗読劇で黒木華と共演!「わくわくが止まりません」

成田凌、初の朗読劇で黒木華と共演!「わくわくが止まりません」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/07/20
No image

俳優の成田凌(27)、女優の黒木華(31)が、9月28〜30日まで東京・新国立劇場 中劇場で上演される朗読劇「湯布院奇行」に出演する。

SNS時代のベストセラー作家・燃え殻氏の書き下ろし小説を朗読劇化。燃え殻氏は2017年の小説家デビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」がNetflixで映画化され、話題になった。

都会での生活に疲れた作家の「私」(成田)が大分の温泉地・湯布院を訪れ、うり二つの二人の「謎の美女」(黒木)に翻弄(ほんろう)され、徐々に現実とも虚構ともつかない世界に誘われる物語。

脚本は、独特の世界観が注目されている佐藤佐吉氏、演出は人気ドラマの演出を手掛けてきた土井裕泰氏が担当する。

朗読劇初挑戦となる成田は、「脚本を読ませていただき、次の行にどんな言葉が来るのか、わくわくが止まりませんでした。少し不気味で、美しく愛おしい、湯布院奇行という旅に没入していただきたいです。信頼できるスタッフ、心強い共演者とともに、初の朗読劇を楽しみたいと思います」とコメント。

土井氏演出のドラマに出演している黒木は、「土井監督と成田凌さんと朗読劇という形で、燃え殻さんの不思議で色気のある世界をどう広げられるのか、想像を膨らませて楽しみたいと思います」と意気込んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加