ソニー、4本柱で圧倒的な音の広がりを実現するホームシアターシステム『HT-A9』

ソニー、4本柱で圧倒的な音の広がりを実現するホームシアターシステム『HT-A9』

  • MdN
  • 更新日:2021/07/21
No image

『HT-A9』

本製品は、4本の円柱形スピーカーを使用し、新開発の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)」を実現する音響システム。

各々のスピーカー間や天井までの距離を内蔵マイクと測定波で計測し、スピーカーの置かれている空間を把握。そして位置情報に基づき4体のスピーカーから音波を重ね合わせて、最大12個のファントム(仮想)スピーカーを最適な位置に生成する。

ユーザーはファントムスピーカーで囲まれることにより、自分が観ている映画のシーンに入りこんでいるかのような没入感のある音場で「360立体音響」を体験できる。

そのほかにも、ソニーのテレビ「ブラビア」と接続することで臨場感が高まったり、「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」コンテンツ再生対応で立体的な音場を実現したり、別売りの低音やサラウンドを拡張できるオプションスピーカーにも対応する。

No image

360 Spatial Sound Mappingによる立体音場のイメージ

『HT-A9』
価格:22万円前後(税込)
URL:https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/202107/21-0721/
2021/07/21

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加