【復刻!】美まっしぐら!ホルモンヌちゃん|ホルモンバランスの仕組み

【復刻!】美まっしぐら!ホルモンヌちゃん|ホルモンバランスの仕組み

  • 美ST ONLINE
  • 更新日:2022/11/25

2011年7月号「だから、美ホルモンヌにならなきゃ!」の大特集で、彗星のごとく現われた、謎のキャラ。その名も〝 ホルモンヌちゃん〟。なんと連載化!今日も今日とて、女度アップのために悪戦苦闘中です。

365日、女度アップ中 美まっしぐら!ホルモンヌちゃん!

No image

ホルモンヌちゃん▲美ST2011年7月号にて、華々しくデビュー。表紙にも登場するほどの猛プッシュぶりで、読者はもちろん、世間の注目も集める。フランスのサントロペ生まれ。本名フフゥンヌ・ホルモンヌ。チャームポイントは、卵巣イヤリングと手に持ったティースプーン。誕生日は10月26日。さそり座。身長ざくろ5個分。体重ざくろ3個分。好きな花はバラ。好きな飲み物は豆乳。好きなタイプは、草食系と見せかけて肉食系のロールキャベツ系男子。

No image
No image
No image

むくんじゃったりヒゲが生えたり、 美ホルモンヌの道はイバラの道

女性ホルモンというのは、何が何でも増やさなければ、と思われがち。しかし、重要なのは量よりもバランス。実際に、生理前はエストロゲンとプロゲステロンの量が緩やかに増加しますが、結果、体全体がむくみ、肌が荒れやすくなってしまいます。また、肌のハリ・ツヤなど女性らしさを作る働きをするエストロゲンも、増えすぎてしまうと、乳がんや子宮体がんのリスクが高まるといわれています。

忙しく仕事をこなしていると、男性並みの闘争心を求められるため、〝男性化〟してしまうというのも誤解。男性ホルモンが多く分泌されたわけではなく、不規則な生活によって、ホルモンバランスが崩れてしまうことが原因です。

分泌量を増やせないからといって、落ち込むことはありません。ホルモン以上に、〝ホルモン的効果〟が得られるのが、大脳を刺激すること。何歳になっても恋する気持ちで、女らしさは生まれるのです。

\監修したのは/

No image

産婦人科医・性科学者
宋美玄先生

『女医が教える本当に気持ちのいいセックス』(ブックマン社)が40万部超の大ヒット。現役産婦人科医として、診療に従事すると同時に、女性の性について積極的な啓蒙活動を行う。

イラスト/今井久恵
2011年『美ST』8月号掲載 ※連載を再構成したものです。情報は発売当時のものになります。

美ST ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加