犬の『甘噛み癖』を直すべき3つの理由

犬の『甘噛み癖』を直すべき3つの理由

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2021/02/25
No image

甘噛み癖を直すべき理由

No image

子犬の頃は噛む力もそれほど強くはありません。人の手に甘噛み癖があっても赤く腫れたり擦り傷ができたりする程度です。しかし、甘噛み癖を放っておいても成犬になってから自然と直るなんてことはありません。噛む力も強くなりますし、“人の手を噛んでも叱られない”と間違って覚えてしまっては大変です。

1.他人にケガをさせてしまう

甘噛みとは主に飼い主さんや家族の手を噛んでしまうことですが、「いけない」と教えてあげることで人を噛んではいけないことを学びます。子犬だから甘噛み癖があるわけでもなく、成犬になれば甘噛み癖はなくなるというものでもありません。

人を噛んではいけないことを教わることなく成長した犬は、他人にも甘噛みをしてしまうことがあります。大人の手なら擦り傷ができる程度で済む甘噛みも、子供の手であれば大きなケガを負わせてしまうかもしれません。

2.本気噛みに発展する

甘噛みを許された犬は“人を噛んではいけない”ということを知りません。不満なことがあれば甘噛みよりも少し強い力で噛むことで訴えてくることがあります。耳掃除・爪切り・歯磨き・ブラッシングなど苦手なお手入れをされたとき、本気噛みをして抵抗することがあります。

トリマーさんや獣医さんが手や腕に大きなケガをされているのを一度は見たことがあるのではないでしょうか。いつまでも癖が直らず、噛みつき防止の口輪をされてお手入れされる犬もいますよね。飼い主さんや家族にだって本気噛みに発展する恐れがあります。

3.何でも噛むようになってしまう

人の手を甘噛みすることが許されてしまうのであれば、家具を噛んでボロボロにしようと物を噛んで破壊しようと許されてしまいます。

「噛んで良いもの」「噛んではいけないもの」の区別ができなくなってしまうからです。誤飲や誤食の危険もありますし、毒物を口に入れてしまう危険も高くなります。犬が噛んで良いものは、飼い主さんが厳選して与えたおもちゃやおやつのガムくらいです。

甘噛み癖を改善する方法

No image

甘噛み癖のある犬をしつけるとき、“叱らない”というのが主なポイントです。犬には甘噛みをする理由があります。子犬であれば歯の生え変わりの時期で口の中にムズムズと不快感があり、どうにか取り除こうと人の手や物を噛んでしまいます。

成犬であればストレスを発散させるためであったり、歯周病による口の中の不快感を取り除くためであったりすることがあります。母犬に甘えるときのように飼い主さんに甘えたいという気持ちもあるのではないでしょうか。犬の甘噛みを叱る理由は特に見当たらないはずです。

大声で怒鳴らないこと

「やめなさい!」と大声で怒鳴りつけてはいけません。ただ単に恐怖を与えることで甘噛みを一時的にやめさせているだけです。

体罰を与えないこと

甘噛みが思った以上に痛かったとき、つい頭や体を叩いてしまうことがあるかもしれません。しかし、甘噛みを改善したいからといって体罰を与えてはいけません。これもただ恐怖を与えているだけです。

興奮していたら無視をすること

甘噛みしてくる犬が興奮している様子であるときは無視をしてください。部屋から出て行っても構いません。

スッと手を隠すこと

手を甘噛みしてくるときはスッと手を隠してください。代わりにおもちゃを渡しても良いです。飼い主さんの手は遊ぶものではない、おもちゃなら噛んで遊んでもいいよ、ということを教えてあげることができます。

まとめ

No image

犬の甘噛み癖を直すべき理由は主に3つあります。

他人にケガをさせてしまう

本気噛みに発展する

何でも噛むようになってしまう

このような恐れがあるからです。人にとっても犬にとっても大変危険な行為です。甘噛み癖は成犬になると噛む力が強くなり、飼い主さんも痛い思いをしなければなりません。子犬のうちから「いけない」と教えてあげてください。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が命を落とすかも?絶対にNGな超危険行為5選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
Sarang

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加