『テッパチ!』町田啓太のド直球な雄たけびに高鳴る、次なるステップへの合図

『テッパチ!』町田啓太のド直球な雄たけびに高鳴る、次なるステップへの合図

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2022/08/05

自衛隊という仕事について考えさせられ、宙(町田啓太)も自衛官としての自覚が芽生えてきた『テッパチ!』第5話。

No image

そして中盤になり、ついにいつもすましていた冬美教官(白石麻衣)がデレた。ほんの一言だけのデレに、宙が「よっしゃー!」と雄たけびをあげた回となった。

※以下第5話ネタバレあり

まずは女性自衛官との特別合同訓練で、みんなが浮かれる中、「特別な講義もあるし、勉強にもなる」という馬場(佐野勇斗)に「マジメか!」という宙のツッコミでスタート。そこで出会った石崎奈央(坂東希)に小倉(池田永吉)がひと目ぼれ。そんな小倉の恋を応援しようと宙たち第一班は円陣を組んで気合い入りまくり。これは前回の『Choo Choo TRAIN』のような宙たち第一班のアツい“仲間感”が見られるのか?と思ったが、今回はそういう展開はなし。

【関連】『テッパチ!』町田啓太のキレッキレダンスに隠された肝、グッとくる伏線回収

合同訓練が始まり、女性自衛官を歓迎する第一班だが、奈央はつっけんどんな態度。恋愛よりも一人前の自衛官になるほうが先という奈央に宙は、またもや「マジメか」とポツリ。宙のツッコミに思わず目を向けた馬場に宙は「お前にじゃ、ね」と。その言い方が可愛かった。

奈央は別れた彼との子どもを妊娠していたことが発覚する。妊娠のため体調のすぐれない奈央が倒れそうになったとき、冬美は奈央をかばい、階段で足を踏み外してしまう。そのとき「危ない!」と真っ先に飛び出した宙は、冬美を抱きかかえ共に階段から転げ落ちる。意識を取り戻した宙は「知らない天井だ」と言うこともなく、ベッドの横にいる冬美に目を向ける。

「今回は助けてもらった。ありがとう」と素直にお礼をいう冬美。目をキョロキョロさせながら「いえ、どういたしまして」と宙。すると「なぁ、あんたならどうする?もし、石崎みたいな立場だったら。いや、その前に」と冬美をまっすぐ見ると「今、男いるんすか?」

宙のドストレートさは良さでもあるが「まさかここで聞く?」というタイミング。「いたらどうなの?」といって医務室を後にする冬美に、宙は「男いんのか…マジか、いんのか」とがっくり。

ただ冬美を助けた際に、宙は自衛官としての自覚が芽生えていた。奈央が自分のせいで冬美と宙を危険な目に合わせてしまったことを宙に謝罪しに来た場面で「おっこちながら思ったんだよな。俺、今本物の自衛官みてぇって」「救助活動するあの自衛官たちみたいに、誰かを助けるためにこの体張ってんだなあって」

ケンカで警察沙汰になっていた第1話からは見違えるような顔つきで「初めてこんな気持ちになったのがまじで誇らしいんだよ」と話す宙。戸惑いながらもうれしそうな表情からこぼれる、やっぱり彼の良さである“まっすぐさ”にグッとくる。

奈央は子どもを育てるため、自衛隊を去っていった。つまり、小倉は失恋。まもなく、宙はいつものように冬美とランニング中に遭遇し2人は会話をかわす。同じベンチに座るのではなく、それぞれ違うベンチに座っているところが、宙と冬美の距離をあらわしているかのようだ。冬美は奈央と話したことを宙に報告。

そしてベンチから立ち上がった冬美は「いないから」と早口で言い、その場を立ち去ろうとする。「え、なにが?」と聞き返す宙に冬美は振り返ると「だから……いないの!」と。

そう、宙が「今、男いるんすか?」の答えである。ついに冬美教官のデレた瞬間が。いきなりのデレにSNSでは「『だから、いないの』のツンデレガチで可愛すぎたんだけど!」「いないの!!って可愛すぎるよ冬美さん」「待ってあんな可愛い冬美さん見れるならもう普通に2人のラブストーリー見せて…」「はあああっっいきなり冬美さん宙くんできゅんきゅんしました」と大反響。

やっと冬美の言葉を理解した宙は「男いねぇんだ」と立ち上がると、力いっぱい両方のこぶしをにぎりしめ(力をこめた腕の筋肉と血管がたまらん)「よっしゃ、よっしゃ、よっしゃ――!」と両手を挙げて万歳状態。うれしさをかみしめた。

そしてただうれしいだけじゃなく、この雄たけびが恋も仕事も次のステップへ進む合図かのようにも聞こえた。

最後は『ナンバMG5』に登場した柴犬、松も登場。『やんごとなき一族』の最終回にも出ていた松。さすがにしゃべりはしなかったけど、「えっ?!この展開で。どーなったら松出てくるの」「松みたいな犬やなぁって思ってたら、ほんまに松で嬉しい」「松??!!松なの!!!!?!アニキぃいいいー―――!!!!」など一時、SNSも騒然となった。

次回は第一部の最終回。自衛官候補生を経て、宙はどうするのか。冬美との関係は?心して待つべし。

文:今 泉

第6話あらすじ

国生宙(町田啓太)ら陸上自衛隊の自衛官候補生の教育終了まで、残すところあとわずかとなっていた。自候生たちから提出された希望職種を見ている教官の八女純一(北村一輝)と桜間冬美(白石麻衣)。そこにはそれぞれの希望職種と合わせて理由が書かれていた。馬場良成(佐野勇斗)は、憧れている音楽科が狭き門ということから、陸上自衛隊の根幹である普通科を第一志望、荒井竜次(佐藤寛太)は高射特科、丸山栄一(時任勇気)は機甲科、武藤一哉(一ノ瀬颯)は衛生科、渡辺淳史(坂口涼太郎)は需品科、小倉靖男(池田永吉)は会計科、西健太(藤岡真威人)は野戦特科をそれぞれ第一志望にしていた。そして宙は、第一志望から第五志望まですべて普通科と書いて提出する。「肉体的精神的に強くなりたい!!」と書いており……。

そんな折、実際の戦場を想定した戦闘訓練と徒歩行進訓練を柱にした2日間の総合訓練が行われる。教官の八女は、「この3ヵ月間に鍛え上げてきたものをすべて出し切れ!」と宙たちに発破をかける。果たして、彼らは無事に最終訓練を乗り越え、卒業することができるのか……!?

『テッパチ!』

毎週水曜  よる10時から放送

©フジテレビ

すべての画像を見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加