チェルシーの大型補強はまだ続く!? “DF史上最高額”級のCB獲得へ交渉継続中

チェルシーの大型補強はまだ続く!? “DF史上最高額”級のCB獲得へ交渉継続中

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2022/08/06
No image

【写真:Getty Images】

プレミアリーグ開幕直前に大型補強を完了させたチェルシーだが、さらにそれ以上の大型取引も計画しているのかもしれない。レスター・シティのDFウェズレイ・フォファナの獲得を引き続き試みようとしていると報じられている。

チェルシーは現地時間5日に、6000万ポンド(約98億円)とされる移籍金でブライトンからスペイン人DFマルク・ククレジャの獲得を決定。FWラヒーム・スターリングやDFカリドゥ・クリバリなどを上回り、金額的にはこの夏の最大の補強となった。

7日にはプレミアリーグ開幕を迎えるが、チェルシーはさらなる補強を進めることも視野に入れているようだ。バルセロナにフランス代表DFジュール・クンデを奪われる形となったこともあり、特に補強ポイントのひとつとしているのはCBのポジション。レスターで高評価を得ている21歳のフォファナがそのターゲットだとされている。

英『フットボール・ロンドン』によれば、チェルシーはフォファナに対する二度目のオファーとして移籍金7000万ポンド(約114億円)を提示したとのこと。だがこれもレスターに断られることが見込まれるようだ。

レスターのブレンダン・ロジャーズ監督は、フォファナに対してオファーが届いたことを認めつつ、「評価額とは程遠い。クラブは最大の財産を得る必要に迫られているわけではない」とコメント。要求に見合うオファーが届かなければ売却に応じることはないという姿勢を強調している。

レスターがフォファナの移籍金として要求している金額は8000万ポンド(約130億円)とも言われている。イングランド代表DFハリー・マグワイアがレスターからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した際と同額であり、DFの選手としては今もサッカー界の史上最高額として破られていない数字だ。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加