ネイマールがエムバペの移籍を阻止?契約延長条件として“相棒”の残留を希望か

ネイマールがエムバペの移籍を阻止?契約延長条件として“相棒”の残留を希望か

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/06/10
No image

ネイマールがエムバペの移籍を阻止?

この“エムバペ事件”は、すでにチェスのようなもので、関係者は最後の一撃を狙って駒を動かしている。

明らかなのは、パリ・サンジェルマンが何としても同選手との契約更新を望んでおり、そのためにあらゆる手段を講じているということだ。
PSGは例外的な契約で、チャンピオンズリーグを制覇するためのチームを作り、前線でエムバペの貴重なパートナーであるネイマールが長年にわたって存在することは既に確認されている。先日ネイマールは、2025年までPSGとの契約延長することを正式に発表した。

ナーセル・アル=ヘライフィー会長は、エムバペがネイマールに続き、最終的にPSGと新契約を結ぶことを確信しており、『L'Équipe』のインタビューで次のように述べている。

「ハッキリさせたい。キリアン・エムバペはパリに留まる。彼を売ることはないし、放出することもない。交渉内容の詳細は伝えない。私が言えるのは、彼らは進歩しているということである。彼がどこに行けるのか、野心やプロジェクトの面でPSGに対抗できるクラブはどこなのか、共通点を見つけたいと思っている」

また、『AS』によると、ネイマールはPSGとの関係を維持する条件として、エムバペの残留を条件としていたという。

このように、ネイマールとアル=ヘライフィーは、エムバペが今後何年もパリに留まるように最大限の努力をしており、彼が残れば悲願のチャンピオンズリーグ制覇が可能になると考えているようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加