土地利用規制法案、公明に目立つ慎重姿勢

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/02/21

安全保障上、重要な土地の買収対策として政府が検討している土地利用規制法案をめぐり、公明党に慎重姿勢が目立ってきた。事前調整では「バランスの取れた法案」(党関係者)という意見もあったが、態度が変化した背景には、今秋までに行われる衆院選を前に、支持者の視線が厳しくなったことが影響しているようだ。
 「米軍基地の多い沖縄など自治体や関係者の意見は聞いているのか」
 18日に開かれた公明党の部会では、政府

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加