「あれ、安曇野って何県?」「領収書の宛名の漢字がわからない」現役書店員の“あるあるな日常”

「あれ、安曇野って何県?」「領収書の宛名の漢字がわからない」現役書店員の“あるあるな日常”

  • 文春オンライン
  • 更新日:2021/05/04

商品の名前を間違えて尋ねる人、「美本」へのこだわりが強い人…どうしてる? 現役書店員の見た「接客業あるある」から続く

【写真】この記事の写真を見る(11枚)

No image

現役書店員が描く書店あるある。うっかり者の新人、微妙に拗らせてしまったベテラン、ほどよい温度の店長たちが、次から次へと来店する、ほどよい温度でクセが強いお客さんたちを華麗にさばく。ほどよく頑張ってほどよく幸せな書店員たちの愛すべきあるあるとは……。今回は第1話。

現役書店員の著者が、さまざまな“書店あるある”を盛り込んで描く書店員コメディ。新人バイトの堀ちゃんを主人公に、タイトルを間違えて覚えているお客様、光に当てないとわからないほどの傷が許せない美本希望のお客様など、ちょっとクセのある来店客たちと書店員たちのやり取りが綴られる。

「お客さんが言う『オレンジページ』は『レタスクラブ』でもある」商品名を間違っているお客さん…ベテラン書店員の判断術へ続く

(佐久間 薫)

佐久間 薫

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加