週刊地震情報 2021.5.2 東北でまた震度5強 1日(土)に宮城県沖でM6.8の地震

週刊地震情報 2021.5.2 東北でまた震度5強 1日(土)に宮城県沖でM6.8の地震

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/05/02
No image

2021/05/02 10:17 ウェザーニュース

この1週間で国内で観測された地震回数は、前週に比べて減少しています。全体の地震回数は少ないものの、東北の沖の地震活動が引き続き活発です。震度3以上の地震は2回発生しました。(4月26日~5月2日10時の集計)

国内:宮城県沖でM6.8 3月20日の震源近く

No image

宮城県沖の地震

5月1日(土)10時27分頃、宮城県沖を震源とするマグニチュード6.8、深さ51kmと推定される地震が発生しました。

この地震で宮城県石巻市、大崎市、涌谷町で最大震度5強、青森県階上町、岩手県一関市、釜石市、宮城県仙台市、気仙沼市、福島県相馬市、南相馬市など東北太平洋側の広い範囲で強い揺れとなっています。

地震発生から1週間程度は最大震度5強程度の強い揺れを伴う地震の可能性があり、特に2~3日の間は強い揺れをもたらす地震が起きることが多くあるため注意が必要です。

国内での震度5強以上の地震は2月13日の福島県沖(最大震度6弱)、3月20日の宮城県沖(最大震度5強)に続いて今年3回目で、いずれも東北地方の沖が震源です。

3月20日の震源よりもやや南東で発生し、地震のメカニズムは20日と同じく西北西ー東南東方向に圧力軸を持つ逆断層型と解析されています。プレート境界で起きた地震とみられ、1978年や1937年に起きた周期的に発生しているいわゆる「宮城県沖地震」の震源に近い領域です。

政府の地震調査研究推進本部は今後30年以内に宮城県沖でマグニチュード7.9程度のプレート間地震の発生確率を20%程度、マグニチュード7.0~7.5のひと回り小さいプレート間地震の発生確率を90%程度としています。今回よりもさらに強い地震の発生が懸念されているエリアですので、引き続き地震への備えはしっかりと行ってください。

世界:インドでM6.0 震源付近で強い揺れ

No image

世界のM4.5以上の地震(USGSホームページ引用/ウェザーニュース加工)

アメリカ地質調査所の解析によるマグニチュード6以上の地震は5回発生しています。最も大きな地震は国内で詳しく触れた宮城県沖の地震でした。

今回注目する地震は日本時間の28日(水)に発生したマグニチュード6.0の地震です。震源はインド北東部のアッサム地方で、震源の近くでは改正メルカリ震度階級でVII(日本の震度階級では震度5前後に相当)の揺れになったとみられています。この地震での大きな被害については報告されていません。地震のメカニズムは北北東ー南南西方向に圧力軸を持つ逆断層型です。

今回の地震があったインド北東部はインドプレートとユーラシアプレートの境界付近で、マグニチュード6超の地震はしばしば発生しています。1943年には少し東側の領域で、マグニチュード7.2の地震が起きた記録もあります。

参考資料など

※日本国内の震源・震度の情報は特に記載が無ければ気象庁より。海外の震源情報は特に記載が無ければアメリカ地質調査所(USGS)より。発表機関により震源情報に差が生じることがあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加