大倉忠義「僕らはちゃんと“関ジャニ∞になれた”」 グループの歩みを振り返る

大倉忠義「僕らはちゃんと“関ジャニ∞になれた”」 グループの歩みを振り返る

  • マイナビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

フジテレビ系ドキュメンタリー番組『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(毎週金曜24:55~ ※関東ローカル)では、関ジャニ∞の特集を2月3日から放送。昨年から今年1月まで開催されたライブツアー「18祭」の舞台裏をはじめ、彼らの仕事現場に密着する。

生田斗真、関ジャニ∞とアドリブドラマ「発想力や対応力が本当にすごい」

メンバー全員が関西出身のグループ・関ジャニ∞は、2004年にCDデビュー。ポップスや演歌、バラードなど多彩なジャンルを歌いこなし、ロックバンドとしても本格的に活動。マルチな才能を活かして日本の音楽シーンを席巻し続けている。

さらに、コミカルなトークスキルや演技力を武器に、数多くのバラエティ番組やドラマなどに出演。従来の“歌って踊る”アイドル像を常に打ち破り、自分たちらしい道を切り開いてきた。

そんな彼らは2022年、デビュー18年を記念したライブツアー「18祭」を開催。国内最大級のスタジアムライブに加え、今年1月まで行われたドーム公演を成功させ、累計72万人動員のツアーを駆け抜けた。

番組のインタビュー中、「この年齢まで続けられてきたなんて、もうラッキーでしかない!」と熱く語る村上信五。横山裕は「きっと、やればできるんですよ…絶対そう!」と心情を語る。丸山隆平は「自分がいることで、おそれ多いですけど、誰かの役に立てたり…」とファンへ思いをはせる。

一方、安田章大は「心躍るほうへ進むことが、いちばん大切なのかなと思います」と持論を明かす場面も。大倉忠義は「これだけ長く活動をしているということは、僕らはちゃんと“関ジャニ∞になれた”ってことですかね」と、グループの歩みを感慨深く振り返る。

デビュー19年目を迎えた関ジャニ∞が目指す、“次のステージ”とは…。

(C)フジテレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加