赤い果肉「羅皇ザ・スウィート」きょうの初競りでは1玉10万 青森県五所川原市の青果市場

赤い果肉「羅皇ザ・スウィート」きょうの初競りでは1玉10万 青森県五所川原市の青果市場

  • ATV NEWS
  • 更新日:2022/06/23

瑞々しい夏の味覚=スイカ。青森県五所川原市の青果市場で行なわれたつがる市のブランドスイカ=「屏風山(びょうぶざんすいか)スイカ」の初競り。
23日はつがる市の野呂勝人(のろ・かつひと)さんのハウスで栽培された赤い果肉の「羅(らおう)皇ザ・スウィート」、そして黄色い果肉の「金色羅(こんじきらおう)皇」、どちらも初めての出荷となる品種113箱が上場されました。
春先の天候不順で生育が遅れましたが、その後は天候に恵まれたため、直径30センチ、重さ12キロほどに。

競りではその仕上がりが高く評価され、どちらの品種も1玉10万円の高値で競り落とされました。

※屏風山蔬菜生産組合 横山治彦組合長
「すごく大きくて金色羅王に関しては(糖度)15度を越えていて本当によいスイカが出来たと思う。(組合は)50年以上の歴史がありますので皆様においしいスイカを作って生きたいと思う」

ハウス栽培の「屏風山西瓜(びょうぶざんすいか)」の出荷は6月いっぱい続き、7月下旬からは露地ものが出回ります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加