堀川未来夢が8アンダーで首位発進/国内男子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/11/25

カシオワールドオープン第1日(25日、高知・Kochi黒潮CC=7335ヤード、パー72)第1ラウンドが行われ、全組がホールアウト。ツアー通算1勝の堀川未来夢(28)=Wave Energy=が、12番(パー4)から5連続バーディーを奪うなど、9バーディー、1ボギーの64で回り、2位に1打差の単独首位で発進した。Y・E・ヤン(49)=韓国=が1打差で追いかける。

6日に閉幕した「アジア太平洋アマチュア選手権」優勝の中島啓太(21)=日体大3年=は、同組で回った賞金ランク3位の金谷拓実(23)=Yogibo=らと並び、1アンダーの47位につける。同首位のC・キム(31)=米国=は4アンダーの9位。同2位の木下稜介(30)=ハートランド=は2アンダーの28位で追いかける。

今大会で来季のシードが決まり、賞金ランク65位までの選手に来季のツアー出場権が与えられる。2012年の賞金王で23年連続でシードを保持している52歳の藤田寛之=葛城GC=は1オーバーで85位。24シーズン連続のために、第2ラウンドでの挽回が求められる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加