日本医師会 中川会長「緊急事態宣言 全国適用検討を」

日本医師会 中川会長「緊急事態宣言 全国適用検討を」

  • TBS NEWS
  • 更新日:2021/01/14

緊急事態宣言の対象が11都府県に拡大する中、日本医師会の中川会長は菅総理と会談し、緊急事態宣言の全国的な適用を検討するよう求めました。

「緊急事態宣言の全国的な適用も検討の中に入れてほしい。検討を始めてほしいと話した」(日本医師会 中川俊男 会長)

中川会長は、菅総理ら政府側との意見交換の場で、これ以上事態が悪化すると、患者の緊急度に応じて搬送や治療の優先順位を決める「トリアージ」をしなければならなくなるとの危機感を伝えました。その上で、緊急事態宣言の全国への適用を検討するよう政府側に求めました。

これに対し、菅総理から具体的な返事はなかったということですが、中川氏によりますと、「現場の声はよく分かった。しっかりとやっていく」などと答えたということです。(14日17:09)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加