右膝靭帯捻挫で欠場しているネッツのケビン・デュラント、2週間後に再検査へ

右膝靭帯捻挫で欠場しているネッツのケビン・デュラント、2週間後に再検査へ

  • NBA Rakuten NEWS
  • 更新日:2023/01/27
No image

日本時間1月25日(現地24日)、ブルックリン・ネッツは右膝靭帯捻挫で欠場しているケビン・デュラントが再検査を受け順調に回復していること、そしてランニングとコート上でのアクティビティを再開することを発表した。デュラントは2週間後に再検査を受けるという。デュラントは9日(同8日)のマイアミ・ヒート戦で同箇所を負傷していた。

ジャック・ボーンHC(ヘッドコーチ)は、「すべてが正しい方向に向かっているようだ。2週間後にどうなっているか注視しようじゃないか」とコメントしている。

デュラントもメディア対応を行ない、2週間後に再検査を受けると言いつつ、「できることなら明日にでもプレイしたい」と試合が恋しい気持ちを明かしている。

「もちろん急ぐことはない。自分が100%回復したと確認したいからね。まあでもプレイしたいよ。練習や試合などすべてに参加したいんだ」

ネッツは23日(同22日)に敵地でゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦していたが、デュラントは「古巣のゴールデンステイトへ戻る機会を逃してしまった。前回あの場所で戦ってから3年が経った(注・実際は2021年)。怪我をしてしまうとそうした出来事が通り過ぎていくのを見ることしかできない」と、かつてのホームへ戻ることが叶わなかったと嘆いた。

とは言え、順調に回復しているのは事実。チームはデュラント離脱以降の6試合で4敗と苦戦しているが、直近2戦はカイリー・アービングの爆発もあって連勝している。復帰となれば再びチームの勢いを加速させるはずだ。

(C)2023 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加