ブラッド・ピット、真田広之がピンクカーペットに登場「日本に行くのが待ちきれないよ!」

ブラッド・ピット、真田広之がピンクカーペットに登場「日本に行くのが待ちきれないよ!」

  • MOVIE Collection
  • 更新日:2022/08/06
No image

『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット

伊坂幸太郎のベストセラーを映画化した『ブレット・トレイン』ワールドプレミア!

伊坂幸太郎のベストセラー小説「マリアビートル」をハリウッド映画化したアクション大作『ブレット・トレイン』が、9月1日より劇場公開される。本作の全米公開を前に、アメリカ・ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催された。

・ブラッド・ピットが東京発・京都行の超高速列車で人生最悪の120分に襲われる!?

ワールドプレミアの会場には、劇中に登場するマスコットキャラクター“モモもん”カラーに染められたレッドカーペットならぬピンクカーペットが出現。その脇にはドリンクの自動販売機やガチャガチャマシン、ビニール傘自動販売機、果ては電車の自動改札機からコインロッカー、駅の売店や立ち食いうどん屋さんまでがずらりと並ぶ。まるで日本のどこかの駅のホームを思わせる空間が演出された。

会場には、主人公レディバグ役のブラッド・ピットのほか、デヴィッド・リーチ監督、“運命”を語りたがる剣の達人エルダー役の真田広之、殺し屋コンビのタンジェリン&レモン役を演じたアーロン・テイラー=ジョンソンとブライアン・タイリー・ヘンリー、狡猾で悪魔のような性格の女子学生プリンス役のジョーイ・キングら、個性あふれる殺し屋たちが大集結した。

熱狂的な観衆に囲まれるなか、ブラッド・ピットは鮮やかなライトグリーンのジャケットと涼しげなバギーパンツで登場。「この映画は僕らが経験してきた状況(パンデミック)に対する完璧な癒しだと感じたよ」と語り、「脚本を読むと笑いがこみ上げてくるし、撮影現場でもたくさん笑った。今こうして夏の時期に公開することができて、皆が外に出て一緒に集うことができるなんて、まさに完璧だ」と笑顔で挨拶した。

自身の代表作のひとつである『ファイト・クラブ』(99年)で出会い、かつて自身のスタントマンだったリーチ監督に関しては、「今や彼は監督となり、彼独自の表現方法を身につけている」と賛辞を送り、「僕らはいつもジャッキー・チェンのことをたくさん話していたよ。僕らは大ファンなんだ。彼はバスター・キートンのような存在だと思っている」「彼のような演技をすることは、僕は今までやったことがないから、とても楽しかった」と撮影を振り返った。

さらに先日発表された来日に関して質問されると、「日本に行くのが待ちきれないよ!」「映画を気に入ってもらえることを願ってる。すごく面白いからね!」と、ファンに向けてメッセージを送った。

ハリウッドでの活躍も目覚ましい真田広之は、ピットとの初共演に関し、「最初の顔合わせ、カメラテストの時から、すごく気さくで、フレンドリーで、それでいて紳士だし、常に現場を和やかにしてくれましたね」「彼とリーチ監督の信頼関係が⻑年にわたって築かれているというのがあるので、一緒に楽しんで作っている雰囲気がスタッフ全員に伝わってくるんですよね。最初からいいチームワークでできたのが、とっても助かりましたし、楽しめました」と語った。

リーチ監督は、日本を舞台にした作品であるにも関わらず、コロナの影響で日本で撮影できなかったことを明かしつつ、それが結果的に「コミックのような誇張された世界を作り上げることで、映画がより良いものになったと思う」と作品に自信を見せた。

その他の写真を全て見る

『ブレット・トレイン』は9月1日より劇場公開される。

ムビコレ編集者

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加