ソフトバンク 日本S新記録の9連勝 千賀が7回0封の熱投 栗原は3安打4打点

ソフトバンク 日本S新記録の9連勝 千賀が7回0封の熱投 栗原は3安打4打点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

試合に勝利し、マウンドでタッチする栗原(右から2人目)らソフトバンクナイン(撮影・高石航平)

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪)

ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。投げては先発・千賀が7回3安打無失点の力投で自身日本シリーズ3勝目を挙げた。打っては栗原が3安打4打点を挙げる活躍をみせた。

日本シリーズを連覇中のソフトバンクが投打に巨人を圧倒した。

二回、先頭のグラシアルが右前打で出塁。続く5番に入った栗原が巨人・菅野のインコースへのスライダーをフルスイング。ライトへの先制2ランとなった。

三回以降は菅野から追加点を奪えずにいたが、六回、2死から柳田が死球で出塁。続くグラシアルが詰まりながらも右前に運んで一、三塁とお膳立てをすると、栗原が今度は左中間を深々と破る2点適時二塁打を放った。巨人のエースから3打数3安打、4打点をたたき出した。

投げてはエースが君臨した。日本シリーズ4度目の開幕投手となった千賀は150キロ台後半のストレートで二回には主軸から2三振を奪うなど力投。得意のフォークを巨人打線に見極められて、三、四回にはピンチを招いたが、落ち着いた投球で後続を打ち取った。最後のイニングとなった七回も中島、ウィーラーを連続三振に仕留めるなど、7回118球、3安打6三振無失点の熱投でチームを勝利へ導いた。

これまで巨人、ロッテと並ぶ8連勝でシリーズ最長タイとなっていたソフトバンクはこの日の勝利で9連勝と伸ばし、最長記録を更新した。

昨年までの日本シリーズで初戦に勝利したチームの優勝確率は64%となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加