【ハイライト動画あり】福岡大学、本塁打攻勢と2年前のリベンジを果たす完封で共栄大学に勝利。全日本大学野球選手権

【ハイライト動画あり】福岡大学、本塁打攻勢と2年前のリベンジを果たす完封で共栄大学に勝利。全日本大学野球選手権

  • J SPORTS|コラム(野球)
  • 更新日:2021/06/09

全日本大学野球選手権は大会3日目。東京ドームでの第3試合は2回戦の福岡大学(九州六大学連盟)vs.共栄大学(東京新大学野球連盟)戦が行われた。

No image

福岡大は初戦で広島経済大学(広島六大学連盟)と対戦、村上幸人(3年/九産大九州)が9回1失点で完投勝利を収めた。一方の共栄大は、過去3度優勝の東北福祉大学(仙台六大学連盟)の投手陣を打ち崩し大会初勝利をあげている。

試合は1回戦では13安打を放ちながら、2得点と課題を残した福岡大打線が序盤から主導権を握る。1回表、2塁打を放った1番・仲田慶介(4年/福岡大大濠)を送りバントで3塁へ進め、3番・櫻田晃生(3年/真颯館)がタイムリーで返す。さらに2回表には、7番・本多真也(4年/明豊)がソロ本塁打を放ち、2-0とする。

一発攻勢をかける福岡大は4回表、エラーで出たランナーを1塁に置き、6番・園田恵大(2年/鳥栖商)がライトへ2ラン。園田は8回表にも、4回途中から好リリーフを見せていた共栄大の2番手・武井嵐矢(2年/静清)から2本目の本塁打を放ち、5-0とする。

投げては福岡大の藤松亮輔(4年/西日本短大)が、7安打を打たれながらも要所を締める投球で完封勝ち、チームを初の8強入りに導いた。また、2年前はこの大会の2回戦で先発、1回4失点で降板したリベンジも果たした。

全日本大学野球選手権2021

【ハイライト】福岡大学 vs. 共栄大学

福岡大学|1 1 0 2 0 0 0 1 0|5
共栄大学|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0

・福岡大学:○藤松-田中
・共栄大学:●小久保、武井、野口-釣谷

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加