池江璃花子 100M自由形で優勝「うれしい」53秒98、400Mリレーも代表入り

池江璃花子 100M自由形で優勝「うれしい」53秒98、400Mリレーも代表入り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/10
No image

女子100メートル自由形を制し、抱き合う池江璃花子(左)=東京アクアティクスセンター(撮影・高部洋祐)

「競泳・日本選手権」(8日、東京アクアティクスセンター)

東京五輪代表選考会を兼ねた大会で、女子100メートル自由形決勝が行われた。池江璃花子(20)=ルネサンス=は、53秒98で優勝し、メドレーリレーに続き、400メートルリレーの代表入りを決めた。

池江は予選を54秒30、準決勝を54秒36の全体1位で通過していた。最初の50Mは2番手でターンし、後半はトップに立ってタッチした。

この種目の派遣標準記録は53秒31。400メートルリレーのメンバーに入るためには4位以内に入り、その4人の合計タイムが3分37秒68を切るか、1人あたりの平均タイム54秒42を突破する必要があった。個人としての派遣記録突破はならなかったが、リレーについては基準を満たした。レース後は「もうちょっと出したかったなというのが正直なところなんですけど。ギリギリではあるんですけど、みんな新しいチームでリレーを組むことができてとてもうれしいです」と感想を語った。

リレーメンバーに入る圏内の4番手を争うぐらいだと考えていたといい、目標の53秒台とあわせてクリアできたことに「3秒(台を)出すという目標を立てていたので、達成できてすごくうれしいです」と語った。

白血病の罹患を乗り越え、日本選手権の舞台に立った池江は4日に行われた女子100メートルバタフライで優勝。メドレーリレーの派遣標準タイム57秒92を突破する57秒77を出したことで、メドレーリレーのバタフライ泳者としての代表入りを確実にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加