これアリ? マスク代わりにヘビを巻く、バス車内で目撃 英

これアリ? マスク代わりにヘビを巻く、バス車内で目撃 英

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/09/16
No image

ビルマニシキヘビ。米フロリダ州にて(2019年4月25日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】英イングランド北西部マンチェスター行きのバスの車内で14日、新型コロナウイルス対策として着用が義務付けられている「顔を覆うもの」として、首と口の周りにヘビを巻き付けた男性が目撃された。これを受けて交通局は15日、「顔を覆うもの」の解釈についてはっきりと説明した。

現地紙マンチェスター・イブニングニュースによると、乗り合わせた客たちは最初、カラフルなマスクを着けているのだと思ったという。

目撃者の一人は、「最初は、とてもファンキーなマスクを着けているなと思ったが、そのうちそれに手すりをはい回らせたんだ」「車内で迷惑がってる人は一人もいなかったけど、後ろの席の男性が動画を撮っていた。確かに面白かった」と語ったという。

写真によると、男性は白いTシャツにジーンズという服装で、ニシキヘビとみられるヘビを首と顔に巻いていたが、その下にマスクなどは着けていなかった。

英国の公共交通機関では、濃厚接触による新型コロナウイルスの拡散を防ぐため、顔を覆うことが義務付けられている。ただし、持病のある人や幼い子どもは例外。

グレーター・マンチェスター交通局の広報は、政府がガイドラインで規定する「顔を覆うもの」に当たるのは、マスクやスカーフ、バンダナだと説明。「これに該当するかについて多少は解釈の余地はあるが、ヘビ皮が該当するとは思わない。特にまだ本体に付いている場合には」と述べた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加