「ずっと連続してプレーできるのが凄さ」福田正博がドイツ戦で遠藤航が披露した守備を絶賛!ボール奪取によってスタジアムは...【W杯】

「ずっと連続してプレーできるのが凄さ」福田正博がドイツ戦で遠藤航が披露した守備を絶賛!ボール奪取によってスタジアムは...【W杯】

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2022/11/25
No image

福田氏は遠藤(写真)の“連続ディフェンス”を絶賛した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

元日本代表FWの福田正博氏が11月25日、TBS系の情報番組「ひるおび」に出演。日本対ドイツ戦(2-1)の「勝利を引き寄せたプレー」に遠藤航の守備を選出した。

福田氏がピックアップしたのは“デュエル王”遠藤の72分のプレー。遠藤はボールを奪うと、ドイツ選手2人をかわす。奪い返されそうになったところをスライディングに行き、奪われたものの即座に立ち上がりチェックして、最終的には相手のファウルを誘った。

福田氏は「あのシーンだけではない」としたうえで、件のプレーで「スタジアムがすごく盛り上がる。『日本はまだあきらめずにやるぞ』と」として、「スタジアムの雰囲気を変えられるのは、すごく大事」と効果を解説した。
また、スライディング後にすぐに立ってチェックに行くシーンを「ずっと連続してプレーできるのが、彼の凄さ」として、前半にドイツに攻められ走らされていたにもかかわらず、「それでこのプレーができているのは、評価を高める」と絶賛した。

ゴールを決めた堂安律や浅野拓磨、スーパーセーブを連発した権田修一に注目が集まったなかで、福田氏は遠藤の守備の効果を熱弁した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【W杯PHOTO】堂安だ! 浅野だ! 日本代表が大金星を挙げた大国ドイツとの歴史的一戦を厳選フォトでお届け!

【W杯PHOTO】試合前後の緊迫した選手入場口…試合では見れない日本代表の表情を厳選!

【W杯PHOTO】ハリファ国際競技場に駆け付けた日本代表サポーターを特集!~part1~

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加