マンUはリバプールに不戦敗も!? サポーター抗議活動で延期された試合の扱いは...

マンUはリバプールに不戦敗も!? サポーター抗議活動で延期された試合の扱いは...

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/05/03
No image

【写真:Getty Images】

イングランド・プレミアリーグ第34節のマンチェスター・ユナイテッド対リバプール戦は現地時間2日に開催が予定されていたが、ユナイテッドサポーターによる抗議行動の影響で延期となった。今後の対応としては、ユナイテッドの“不戦敗”の可能性も予想されている。

英国メディアが伝えたところによれば、ユナイテッドのオーナーであるグレイザー一家に対して抗議行動を行うサポーターが本拠地オールド・トラフォード周辺に集まり、そのうち約200人はピッチ内にまで侵入。選手たちの安全が確保されないと判断され、試合は開催されなかった。

リーグや両クラブはこの日の試合が「延期」されたと発表。だが英紙『デイリー・メール』は、イングランドサッカー協会(FA)とプレミアリーグのレギュレーションに差異があるとして、前者が適用される場合はユナイテッドの不戦敗が決定される可能性もあると伝えている。

FAの規定によれば、主催クラブであるユナイテッドの警備に不備があったと判断されれば、リバプールの勝利扱いで勝ち点3が与えられる可能性もあるという。一方でプレミアリーグの規定では、警察の介入により試合の不開催が決定されたのであれば主催クラブの責任が問われることはないとされている。

ユナイテッドはあと1敗すれば首位マンチェスター・シティの優勝が決定する状況。7位のリバプールとしては、この試合で勝ち点3を加えられればチャンピオンズリーグ出場圏内の4位浮上に望みを繋ぐことができる。試合の扱いが今季の最終順位に大きな影響を及ぼすことにもなるかもしれない。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加