井上尚弥、井岡一翔は「自分とはボクシングに向き合う気持ちが違うと感じた」...ドリームマッチ実現に興味

井上尚弥、井岡一翔は「自分とはボクシングに向き合う気持ちが違うと感じた」...ドリームマッチ実現に興味

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

プロボクシングWBA&IBFバンタム級統一王者・井上尚弥(28)=大橋=が14日、世界4階級制覇でWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=志成=とのドリームマッチに興味を示した。

この日、東京・後楽園ホールで行われたWOWOWのボクシング番組「エキサイトマッチ」の30周年記念イベントに、スペシャルゲストとして参加し、ミット打ちでファンのパンチを受けるなど盛り上げた。

収録後、井上は「記憶に残るような、ビッグマッチをやりたい」と発言。バンタム級での4団体統一、スーパーバンタム級に上げての4階級制覇に加え、強力な日本人選手との対戦も選択肢にあることを示唆した。

「(井岡が)5階級制覇したいと言っていることも聞いているし、期待するところもある。そこに向けて発言していきたい。僕がバンタム級から下げることはないけど、盛り上げるなら(対戦も)アリなのかなと思う。あくまでも(井岡が階級を上げて)話が来れば、ですよ」と名前こそ出さないものの、井岡を指しているのは明らか。昨年大みそかの井岡の防衛戦を見て「自分とはボクシングに向き合う気持ちが違うと感じた」。井上は、すでに大橋秀行会長とも今後に関し、話をしたことを明かした。(谷口 隆俊)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加