「ナンバMG5」最終回、剛(間宮祥太朗)の結末は? ラスト展開に視聴者涙

「ナンバMG5」最終回、剛(間宮祥太朗)の結末は? ラスト展開に視聴者涙

  • モデルプレス
  • 更新日:2022/06/24

【モデルプレス=2022/06/23】俳優の間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系水10ドラマ「ナンバMG5」(毎週水曜よる10時~)の最終話が、22日に放送された。剛の二重生活が完結し、反響が殺到している。<※ネタバレあり>

No image

(写真 : 間宮祥太朗、原菜乃華/「ナンバMG5」最終話より(C)フジテレビ)

【写真】間宮祥太朗、ヤンキー“剛”の学ラン姿に反響

◆間宮祥太朗主演「ナンバMG5」

今作は、不良漫画の天才・小沢としおの「ナンバMG5」&「ナンバデッドエンド」(秋田書店)を映像化。筋金入りのヤンキー一家「難破家」の次男・剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという高校“逆”デビュー物語。

2年半もの間家族やクラスメイトに嘘をつき続け、不良の集まる市松高校ではなく白百合高校に通い3年生となった剛。しかし、第9話で兄・猛(満島真之介)と剛に恨みを持つヤンキー集団「マッドマウス」のメンバーらが白百合高校に乱入してきたことで、剛は自分が特攻服を着たヤンキー“特服”だと明かし、喧嘩沙汰を起こして警察に連行されてしまった。

◆剛(間宮祥太朗)、家族との絆に涙

警察から剛を引き取った父・勝(宇梶剛士)は、泣きながら土下座する剛に「何も悪いことしてねぇのに男が土下座なんかするな」と言い、母・ナオミ(鈴木紗理奈)らは剛の高校生活を肯定。一方で、猛だけはそのことを受け入れられずにいた。

その頃、白百合高校では剛の退学処分が決定。それを知った深雪(森川葵)たちクラスメートは、体育館に立て籠もり処分撤回を求めた結果、退学処分は撤回された。

剛が通学できると知った矢先、「マッドマウス」のメンバーが再び剛を襲撃。そこに猛が現れ、剛に代わりヤンキーたちを驚異的な強さで倒していく。

そして「おめえも俺らと同じだって勝手に決めつけてた」と、剛の“本当の姿”を受け入れた猛。「おめえの話もろくに聞かねえで、ひでえこと言っちまってごめんな」と涙を浮かべながら拳を剛の胸に突きつけると、剛は猛の思いを受け止め涙を流していた。

◆剛(間宮祥太朗)、二重生活が完結

警察に連行されてから久々の登校となった剛。その姿を目にしたクラスメイトは一目散に剛の元に掛けつけ、口々に「おかえり」と声をあげて剛の帰還を歓迎した。

その後ろには、クラスメイトに囲まれ笑顔を見せている剛を微笑ましく見守っている難破家や「これぞ青春だな~」と盛り上がっている伍代(神尾楓珠)と大丸(森本慎太郎/SixTONES)の姿も。最後に剛は「こっから卒業まで全開バリバリでぶっこんでいくんでよろしく!」と元気よく宣言して、二重生活は完結を迎えた。

◆剛(間宮祥太朗)の二重生活完結に反響

視聴者からは「家族にやっと打ち明けられて、認められて本当に良かった」「家族や兄弟の愛に泣いた」「愛に溢れてる」などとネット上に反響が殺到。また「無事に卒業して欲しい」「もっと見守っていたい」「続編に期待!」などと残り半年となった剛たちの高校生活を描いた続編を熱望する声も多数寄せられている。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加