JR九州キハ47形リニューアル車両、車体は青 - 長崎本線などで運行

JR九州キハ47形リニューアル車両、車体は青 - 長崎本線などで運行

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/09/23
No image

JR九州は西九州新幹線の開業に合わせ、9月23日にダイヤ改正を実施。長崎本線は肥前浜~長崎間で電車による運行を終了するとともに、上下分離区間の江北(旧・肥前山口)~諫早間などを運行する車両として、キハ47形リニューアル車両が導入された。

JR九州キハ47形リニューアル車両、長崎本線・佐世保線で運行開始へ

長崎本線はダイヤ改正まで特急「かもめ」(博多~長崎間)の走る路線だったが、西九州新幹線の開業にともない特急「かもめ」は運行終了。並行在来線の江北(旧・肥前山口)~諫早間は上下分離方式へ移行し、江北~肥前浜間を引き続き電化区間とする一方、肥前浜駅から諫早駅を経て長崎駅までの区間を非電化区間とし、肥前浜~諫早間は気動車、諫早~長崎間はハイブリッド車または気動車による運行とした。

キハ47形リニューアル車両はおもに長崎本線の上下分離区間で使用される。青く美しい有明海をイメージし、車体全体を青色とした外観が特徴。車体側面の窓下に配したラインは、朝日を浴びて光り輝く黄色の波と、夕日が波間に沈むイメージというオレンジの波を表現している。同車両の運行区間は長崎本線の江北~長崎間、佐世保線の江北~早岐間とされており、車体側面の上部に運行する地名「NAGASAKI」「ISAHAYA」「TARA」「KASHIMA」「SHIROISHI」「KOUHOKU」「OMACHI」「TAKEO」「ARITA」「SASEBO」が表記された。

MN 鉄道ニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加