「キレイに言うなら憲剛のおかげ」“ミスターフロンターレ”伊藤宏樹氏が振り返る飛躍の2006年シーズン

「キレイに言うなら憲剛のおかげ」“ミスターフロンターレ”伊藤宏樹氏が振り返る飛躍の2006年シーズン

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2020/06/04

過去の名勝負を放送する「DAZN」の「Re-Live」。川崎フロンターレがJ1昇格2年目にして2位となった2006年の最終節、セレッソ大阪戦の解説を務めたのが、この試合で先発フル出場を果たした伊藤宏樹氏(現在は川崎の強化部に所属)だ。
 
 2001年に立命館大から川崎に加入し、13年間のプロ生活を川崎一筋で過ごした“ミスターフロンターレ”に、飛躍の年となった2006年シーズンを振り返ってもらった

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加